パデルの試合に勝つには、スライスをマスターしよう

パデルはとにかく壁に跳ね返ったボールも打てます。 また、後ろの壁に向かって打って、それが相手のコートに入っても有効です。 さらに、コートが狭いために人のいないところを狙うのも難しい。 だから、早く2バウンドさせることを考えます。

スライス回転ではボールが低く跳ねるので、2バウンドさせやすいのです。

相手2人の間を狙おう

2人の間は、譲り合ったりお互いが打ちに行ったりして、ミスショットとなりやすい場所です。
また、端を狙うと直接壁に当たってアウトとなる可能性も高いですが、相手の間はつまり真ん中なので、こちらのミスも少なくなります。
この動画の特に最初のポイントなんて、本当に顕著に表れていますね。

プロの試合でも相手の真ん中がベースです。

コートの角を狙おう

ベースは2人の間として、たまにコートの角を狙います。
もちろん、相手が邪魔で狙えないときもありますが、そんな時は無理せずに2人の間に打つ方が良いですね。
また、強く打つのではなく、ゆっくりのボールでもいいので確実に狙います。
下の動画を見ても、やっぱり相手は打ちにくそうですよね。

コートの外にボールを出そう

つまり、スマッシュですね。 ワンバウンドしたまま、相手コートの外に出るように打つのです。
でも、パワーが必要ですね(汗)

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ