パデルのスマッシュ

スマッシュのポイントは、体よりも前でボールを捉えることです。 そうすると体重が乗って、勢いのあるスマッシュになります。
しかし、パデルではどうせ壁に跳ね返るので、返球される可能性が高いのです。 だから、スピードやパワーよりもコントロールや戦略が大切になってきます。
つまり、「どこにどんなスマッシュを打つか」ですね。

パデルスマッシュ

また、この写真のように、ボールから目を離さないことが非常に重要です。 「ボールとラケットが当たっている瞬間を目撃する」感じですね。

スマッシュをどう打てば?

パデルでは、スマッシュを打つときにも考えないといけません。
それは相手が嫌がるスマッシュを打つことです。 具体的には、相手の予測を外すことと技術的に返球が難しいところです。

スマッシュコースイメージ

例えば、
1、相手の体の正面に打つ
2、できるだけたくさん壁に跳ね返らせる
3、強く打つと見せかけて弱く打つ

ラケットスポーツは基本的に弱点の1つが体の正面です。
それはラケットを上手に操作するか、瞬間的に打ちやすい場所に移動しなくてはいけないからですね。
また、斜め方向にスマッシュを打つと、後ろの壁と横の壁、2か所にボールが当たる可能性が高まります。 そうすると相手は予測が複雑になり、返球をミスする可能性も高まります。
強く打つと見せかけて弱く打つと、相手の陣形が乱れます。 そうするとこちらのチャンスが大きくなりますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ